スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が勝手に呼んでるMLCとは?

最近自分が呼んでるMLCとは、各ロボットの指数的な感じで使ってます。
(カッコイイから使ってる感じww)
要はどれだけのものを上げれるかです。この数値が高いと比較的機動力が高い傾向と言えるはずです。

計算方法はまず
ロボットの足のピッチ間の長さ(以後ピッチ間) P(cm)
サーボのトルク(実測:) S(kg.cm)

S/P×20=MLC


MP-01 A6+ Frau
ピッチ間(画像の矢印の部分) 10.5cm
サーボ KRS-4024A10+      40kg.cm

KIMG0213 1

40/10.5×20=76.19≒MLC76
フラウのMLCは76となります。

コレを重量で割るとMLC/kgが出ます、車で云うパワーウェイトレシオです。
フラウの重量は3kgなので
76/3kg=25.6MLC/kg
となります。

比較としてMP-01 Trudeも計算してみます。
ピッチ間   10.5cm
サーボ SV  65kg.cm

重量3kg

MLC
65/10.5X20=123.8≒MLC124
MLC/kg
124/3kg=41MLC/kg
(うんうんフラウとはダンチだな:)
ぜひ使ってみてくださいね~(使わなくてもいいよ)






ちなみにMLCの元ネタはMLC(Military Load Classification)
日本語だとミリタリーロード区分か規格だと思う。
画像のはドイツのLeopard2A6
右前、円の中に70の文字が書いてあると思いますがこれがLMCのマークです。
このA6はLMC70の規格を表します。
LEOPARD2A6-BIG-08.jpg

要は重量の規格を表示して有るだけです。(日本のトラック等にも書いてますよねアレです。)
用途は道路や橋等の重量制限(日本の道路にもトラック用に標識が出てると思います5.5tとか)、車両回収車(MLC〇〇まで牽引可能)、架橋車等重量の関係する場所に使われています。
間違ってたらゴメンね:)
スポンサーサイト
プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。