スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モジュール1のギアを1.5mmのエンドミルで切削する。

今回もですがモジュールの小さいギアを切削すると、経の小さいエンドミルが必要になりますよね。
そうすると気を使ったり、早く切削が遅かったりして困りますよね。
そこで1.5mmのエンドミルでモジュール1のギアの作り方を紹介します。(一部完璧なインボリュート曲線にはなりませんので宜しくです。)

まずは以前紹介したKHKの歯車計算ソフトGCSW for Webを使います。
使い方は前回の記事で多分分かると思うので省きます。


平歯車のソフトの初期設定のモジュール1歯数20のDFXで説明します。
1.jpg

半径0.75mmで円を書きます。
(0.75はエンドミルの半径です。)
2.jpg

円を書く所はここです。(拡大)
3.jpg

円を0.75mmずらして線を書きます。
4.jpg

トリミングして外形のラインを作ります。
5.jpg

0.75mmオフセットしてエンドミルの通るラインを書きます。
後、円の中心から歯先の延長線を書きます。
6.jpg

拡大すると線の先が延長線に接触していないので。
このままでは配列複写した時に線が結合できないので。
延長します。
7.jpg


延長したら、鏡像します。
8.jpg

配列複写して、ポリラインで結合します。
9.jpg

結合できたらそのまま切削するだけです。
10.jpg

分かりにくいかもですが、画像があるから大丈夫だと思います。

歯元がインボリュート曲線でなくなる部分が有るのですがほとんど歯と接触しない部分なので大丈夫だと思います。作ってみて確認してみて下さい。
加工費節約?になるかもですよ。

ではまた~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。