スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーボの動作電圧アップで性能アップ?その2

まずは分かりにくかった動画の変更。
KRS-4024HV動作電圧アップ

それと前回のもので書き忘れたことを書きます。(最後から読んだほうが良いかも。)
KRs-4024などロートルクサーボは電源周りの変更で大丈夫なんですが、ハイトルクサーボの場合だとFETの交換をオススメします。

電圧は上げない人でもFET交換はオススメします。
FETの内部抵抗が下がるのとスイッチングタイムがだんちのものがいくらでも有るからです。
内部抵抗が下がればロスが少なくなり電流の無駄が無くなります。後サーボのパンチが若干上がるきがじます。(初期の動きがいい感じ。)

後ワット数が上がるとFETの発熱量も減ります。(これは微々たるものですが。)

FET交換はラジコンのミニッツで流行っているものでした。(自分たちはそれは、チートだからやらなかったのですが、後FET交換してあるのを抜くと快感です、はっはは高校生ぐらいの時です。)



まずは各サーボのノーマルFET。

KRS-4024
ロームのHAT3004
Nch 5.5A
Pch 3.5A
抵抗値Pch0.34Ω

KRS-4014/4013
ロームのHAT3006
Nch 6.5A
Pch 4.5A
抵抗値Pch0.18Ω


交換用FETの例を一個あげますね。
ミニッツ最強FETで知られるロームのSP8M4です。
Nch 9A
Pch 7A
抵抗値Pch0.042Ω

良いところ
入手性が良いかも、ヤフオクなどで売ってます。
スイッチング速度が速い。
抵抗値が一桁違う。

悪いところ
少しPchが少ない(でもノーマルよりは良い)

探せばもっといいのは沢山あります。


ここまで書いといてすいませんが、上の記事は少し古いです。

この前修理に出して帰ってきたKRS-4024のFETがSH8M4ってのに変わってました...

日本語のPDF

これSP8M4とほぼおなじ性能なんですよね。(交換しなくてもいいんじゃね)
最近のサーボは一応進化してるみたいです(兵器の進化は日進月歩ですね。)
(上の説明いらないじゃん、少し前はいったんです(T_T))


今の各近藤サーボのFET
KRS-6003やKRS-4034/33/32はA2792とNchPch両方10Aです(まあ6000番はモータが6A食うので仕方ないですが。)

KRS-4031はTPC8405
これはHAT3006と同じぐらいの電流性能ですが抵抗値が一桁違います。

最近はいじらなくても良いので楽ちんですね。(少し残念かも)
まあFETの性能も上がっているので探せばたくさん来れ以上のものが有るので楽しさは残りますが。


古いサーボをお持ちの方はやってみる価値有りかもFET1個¥100ぐらいなので。

新しいサーボをお持ちの方は必要ない記事かもです。
まあ電圧を上げた時に必要かな。

今となっては古い手法なので今回のFET交換記事はなんとも中途半端になってしまいました。
ホントすいません。(新しいサーボ欲しいな~)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。