スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S-103B Hecate

S-103B Hecateの説明です。

この機体はS-103Aのパーツを使って後輩のために作ろうと思った機体です。
自分の機体より力を入れていました。(面白かったから。)
DSC05745A2.jpg

名前の由来は秘密です。(後輩が付けたから悪いかなと思い。)
スペック
小型ロングロット機(多分ミドルロット)
バッテリー Ni-MH 6セル 7.2V
重量 約3.0kg

攻撃用モータ RS-380PH×4
脚用モータ   RS-380PH×2

攻撃用サイクロ減速機 Z4115B-31-34
脚用サイクロ減速機   Z319B-19

アーム機構 長穴減速付きリンクかな
アームの長さ 600mm
脚機構     ハーフサーキュラースライダーヘッケン45

アームの動作の様子
動画

この機体は各ユニットがモジュール化されていてS-103A Stingerと共通パーツが多いです。(こうゆうの好きなんですよねF90みたいで、自分の機体にはよく有ることです。)かっこ良ければいいんです。

まずは脚ユニットから。
本来はS-103A Stingerの脚が付けれるはずだったのですが、
S-103A Stingerの脚ユニットを作る時間が無くなってきたため、第19回Stingerの脚フレームに今年のハーフサーキュラースライダーヘッケンを入れて、本体フレームに上手くくっつけたので、交換は出来ません。(時間が無いのもよく有ること、ダメですね)


左右の脚ユニットを取ったところ。
DSC05747A2.jpg

脚ユニット裏側。
DSC05765A2.jpg

こう見ると脚が丸いのが分かります。

脚ユニットを取った本体のフレームです。
DSC05749A2.jpg
人一人ぐらい乗っても大丈夫ですよ~
(1人乗っても大丈夫)
これはS-103A Stingerとほとんど共通パーツです。


攻撃用サイクロ減速機を取り外したところ。
DSC05750A2.jpg

サイクロ減速機は取り付け用の穴が多いのでいろんな物に取り付けれます。

電装の蓋を取ったところ。
DSC05754A2.jpg

真ん中の大きいのがサーボ用の基板、ピンク色のが脚用のアンプ。
配線はなるべく綺麗にしたつもり。

フレームの裏側
DSC05756A2.jpg

バッテリーの蓋はフレームの一部になっています。
DSC05757A2.jpg

各ユニット
DSC05751A2.jpg
ホントはアームもユニット化してあるんですが。
撮り忘れました。(忘れてて撮るのが面倒くさくなっちゃった。)
S-103A Stingerで紹介するはずです。

今回はこの機体でオリジナルマインド賞を頂いきました。
後輩が受賞するところです。
MPG_000018933.jpg


細かい所は、要望が有ればやるかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。