スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刃径1.5mmのエンドミルで0.5モジュールのギアを作る。

皆さんはギアをどう調達していますか?
KHKや教育歯車で買う自分で作るなど色々あると思います。
やっぱり自分で作るのが一番都合のいい者が手に入りますよね~

自分はお金が無かったしちょうど良い物が無かったので、自分で作ることにしました。
NCとアルミは有ったので。

このアイディアはその頃買ったばかりのKONDOアニマルのカメのサーボを改造していて、強度のいるホーンが必要になったけど純正のメタルホーンは高くて買えない、だけどいっぱい欲しいなと思った時に自分でホーンを作ったのがきっかけです。作っていた時にコレならモジュールの小さいギアも作れるな~と思って作りましたね~
無いものは作るです。

写真のギアはモジュール0.5歯数48のものです、二個目のサイクロ減速機用に作ったスーパーギヤです。(大学2年の時か~なつかし~)
KIMG0216.jpg

でどうやって作るかとゆうことですが。
簡単です一山消してエンドミルが通るようにすればいいのです。(簡単ですね~。)
一山消えたらギアではなくなってしまいます、これを二枚合わせてモジュール0.5のギアを作ります。

こんな感じに一山消してしまいます。
aaa.jpg

色のついてる所はエンドミルの通るラインです。
aaaaa.jpg

強度ですが、今のところ自分が使っている限りでは欠けた事は無いです。
歯元がでかいからだと思います。


こんな感じでやれば好きなところに穴が開いているものや、転位歯車など作れます。
大同大学ロボット研究部のかわロボ、BRAVE(BRAVEは一部)はみんなコレを使ってピニオンからの伝達をしています。

カノンサーボにも初段はコレと同じことがしてあります。
KIMG0217.jpg


普通はギアを買うので、他のところの機体を見てもみんなこんな事はしていない気がします。
他にこんなことしてる人居るのかな~?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「モーター」の肉抜きの方が珍しいんじゃねえかと。。。

Re: No title

> 「モーター」の肉抜きの方が珍しいんじゃねえかと。。。
確かに二足でやってる人は居ないかも、でも相撲ロボットでは良くやってたような。
マクソンを綺麗に銃のサイレンサー見たいに穴開けてる人が居た。
あれはカッコ良かったな~

No title

>マクソンを綺麗に銃のサイレンサー見たいに穴開けてる人が居た。
あれはカッコ良かったな~

マクソン含めて真面目なモータはケースも含めて磁気回路組んでるので、モータのケース削ると出力落ちますよ?
出力上げる為に磁気回路強化の為に鉄の輪っかハメたりしているモータもある位です。

Re: No title

> マクソン含めて真面目なモータはケースも含めて磁気回路組んでるので、モータのケース削ると出力落ちますよ?
> 出力上げる為に磁気回路強化の為に鉄の輪っかハメたりしているモータもある位です。

出力が落ちるのは重々承知ですよ、
マクソンのREシリーズもケースの外側にもう一枚ケースが付いていますよね。(ラインナップを多くしてるのかな。)

削った理由は重量を抑えるために削っています、6割程出力が落ちているのは確かですが。

それでも見た目のインパクトと出力はそこらへんのよりあると思います。
まあ、このモータが目の前に合ったから使っただけなのですが。
プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。