スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回ロボワンに行ってきました。

ロボワン参加された方裏方の方々お疲れ様でした:)

ロボワン終ってすぐ書きたかったんですが、ロボワンから帰ってきて数年ぶりぐらいの風邪を引いてしまい...

今回のロボワンはMP-01 A6+ Frauで行ったんですが予選落ちでした...
恥ずかしく悔しい結果でしたがロボワン自体は面白かったです。
久々にのんびりしたロボワンになりました。

KIMG0341.jpg


一日目は関東の学生さんたちと近くの店に行きました。
(学生半分社会人半分ッて感じかな)
変な人ばっかですww

まあ。ちくわさん、小泉さん、人形使いさんetc濃いい人ばっかw
やっぱ全員書いとこ~。
きゅんどうさん(名古屋の方だったとは、アイコンは知ってたけどこの人ねってなった)、s.mk2さん(多脚作ってる人)
ニュクスくん、ヒュードくん、リアルテックくんでした。楽しかったで~す。

KIMG0300.jpg
写真はヒュードくんの新型。ファミレスで何出してるの~w

KIMG0318_20150321143558bbd.jpg
なにげにお気に入りの機体ベルミオンです。
九州から来てる方々です。

今回アッパーとか4024(改)とかTITANとかとか色々使用して頂いた方々、
ガッテンダー、赤風、BJ05 ASURA、Virgo、雷電、斬波、Plasma-Alpha...後は大同の現役ロボットに入ってると思う。
有難うございます~:)

今回のロボワンは重かった荷物がw
A6+についてはまた今度書くかも。
まず風邪治します。

小さい4000番 KRS-3304 ICSのトルクチェック(A4さんの)

動画とか撮ってないので結論から言いますね。
7.4V時(安定化電源)10kg.cm 2A

このサーボが18個で10万ちょっとなら即買レベルです。
(欲しい小さいフラウ作りたい、軸数もちょうど18軸と同じ:)
KRS33042.jpg
http://kondo-robot.com/product/krs-3304-ics

ロボワン前、大同練習会でA4さんにトルクチェックさせてもらいました:)
今回は自分のじゃないので、壊さないように定格7.4Vでのテストです。
8.4Vで回したかったけど多分1kgも上がらんと思うけど。

話し変わりますが同じLipo2SのKRS-3204 ICSについてです。
ロボワンの会場で近藤の方に中のモータについて聞いたのですが、
KRS-3204 ICSとKRS-3304 ICSのモータは同じだそうです。
(開けてみないと何とも言えませんが)
でもスペックが同じモータにしてはおかしい気がしますけど。

KRS-3204 ICS
<スペック>
 【7.4V時、静止状態】
 ●最大トルク:9.3kgf・cm
 ●最高スピード:0.13s/60°°

KRS-3304 ICS
<スペック>
 【7.4V時、静止状態】
 ●最大トルク:13.9kgf・cm
 ●最高スピード:0.11s/60°
近藤科学のサイト
モータが同じでギア比が違うにしても、トルクとスピードが違う気がします。
3204の方がトルクは低いですがスピードが3304に勝ってるのなら同じモータだと云う説得力は有りますけど。
トルクもスピードも3304の方が上なので、3304と3204では違うモータを使ってるのではと思います。


A4さん貴重なサーボをテストに提供していただき有難うございます。

安物買いの銭失いww

ホビーキングで安くてよさ気なサーボが有ったのですが。

Turnigy TGY-5521MDHV
カタログスペック
トルク24kg.cm
スピード0.11sec・60°

届いてトルクチェックしたら15kgちょいLipo3Sで20kgちょい。
まあLipo3Sかけたら基板が焼けてしまったのて、基板をQUESTのDS-5011の基板に変えて、FETも変えてやってたら次はギアとケースが行ったww
DSC06044.jpg
てことでケースもDS-5011に変えた、次はモータだ(お笑いだhaha
でモータはKRS-2350のに変え、ついでに基板も788のに変えた。

DSC06043.jpg

不運な運命のこの2つのサーボは全く新しい人生を歩み始めたわけだ(まあDS-5011はとばっちりだけどww

TGY-5521
DSC06047.jpg
ヒートシンクは結構しっかりモータにくっついてる。

Turnigyのギア
DSC06046.jpg
セミファイナルの真鍮側が掛けてしまった。

QUESTのギア
DSC06045.jpg
QUESTの方はさすが日本のメーカーだけ有るのです。
丁寧に作ってある。
でもS3003をメタルギアにした程度で¥6,000は高いそれなら他を買った方がいいな。
使ってるICも他と変わらん確かヴィストンの安い奴と同じだったよ確かねww


まあ安物買いの銭失いってやつだww
てなわけであでゅ~

2572の中身とかトルクチェックとか改造とか。

heheお久しぶりです。(そんなことないか。)
今回はKRS-2572HVの事です。

<スペック>(11.1V時、静止状態)
 ○最大トルク:25.0kgf・cm
 ○最高スピード:0.13s/60°
 ○重量:47.7g
と軽くてトルクもでて結構期待していたのですが。
動画トルクチェック
結果は
約15kg・cm
20kg・cmは出て欲しかったな...


KRS-2572HV
DSC06042.jpg

中身の主要パーツ
KIMG0017.jpg
ケース
DSC06039.jpg
アッパー、ミドル、ボトムともに新しいものです。
KRS-2552/42とは別物みたいです。
使いまわせるのはファイナルギアとベアリング等ぐらいかな。

新しいアッパーは強度がありそうですね。
ケースも硬そう。

モータ
KIMG0018.jpg
左から40XXハイトルク、2572、2552/42
2572のモータは少し短くなってますね。
コレでドール等の細さを求める人が欲しそうですね~:)

ポテンション
KIMG0021.jpg
コレは今までと同じものみたい。

ポテンションの固定部分は2552/42と同じみたいです。
DSC06048.jpg


表面
DSC06034.jpg

裏面
DSC06033.jpg
2個のコネクターがモータの裏面にあたってるので少し変えればもっと薄く出来ると思うけど。
ドール系の人でそのまま付ける人は居ないかな。

基板の半分ぐらいは切っても良さそう。
マイコンの電源と、LEDをどこかに持っていけばね:)


マイコン
DSC06032.jpg
マイコンはPIC16F690みたいです。
786からPICだったので可能性を感じますね。


モータの抜き方。
バイスがあれば大体出来ますよ。
アッパーを裏に被せて、ファーストとセカンドの軸をバイスで押して行くと簡単に抜けるよ。

抜き方1
KIMG0013.jpg
抜き方2
KIMG0014.jpg
こんな感じ
KIMG0016.jpg
でも、この抜き方はケースが少し割れる。
まあ使用には問題なさそうだけど。
KIMG0019.jpg


KRS-2572(改)
SVL(Super Veloce Leggera)凄く早くて軽いって意味w
スペックは
 ○最高トルク:34.0kgf・cm
 ○最高スピード:0.076s/60°
 ○重量:58g

ちょっと雪降ってて気分良かったのと、マクソンが落ちてたから付けてみたのです:)

スピードテスト動画
トルクチェック動画

KIMG0023.jpg
まあコレはお遊びで作ったんだけどね~
なかなか良い性能でびっくりだ~
4034のトルクと4032のスピード重量は軽い。
なかなかな感じじゃないかな~

以上
ありがとうございました~

そろそろTrudeについて書かないと。

ごめんなさい、画像が今無いです(取るのが面倒いからです。)

ROBO-ONEロボットガレージ
MP-01A5 Trude テゥルーデ

MP-01 TrudeはMP-01 Frauの予備フレーム等を使用し予備兼サーボテスト機として作られました。
ロボワン第25回 ROBO-ONE に参加しました(予選落ちでしたが。)

A5のスペック(書いた時)
重量 2.97kg
身長 420mm(フラウと同じ)
脚ピッチ間 105mm(戦車の口径から、フラウと同じ)
脚の長さ 280
腕の長さ 220mm
コントロールボード RCB-3

使用サーボ:)
(各軸 R=ロール、P=ピッチ、Y=ヨ-)
足首R、股R   KRS-4024A10Nx4
足Y        KRS-4024A4
平行リンク足P SV(SuperVeloce)x4
腰Y、肩P     KRS-4024A10Cix3
肩R        KANONEx2
腕先R      KRS-6003HVx2

プロフィール

matsuno hiroyuki 

Author:matsuno hiroyuki 
PROTO-TYPE

中部でものづくりをしている者です。
かわロボ、ROBO-ONE、BRAVEなど出場しています。
サイクロ減速機、自作サーボなども作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
機体紹介
参加した大会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。